カテゴリー別アーカイブ: グローバル教育

SGH研究発表会

20170617_13352020170617_143636

本日、本校でSGH研究発表会が行われました。

写真は、課題研究の生徒発表とその後に行われたパネルディスカッションの様子でです。フォトジャーナリストの安田 菜津紀さんにお越しいただき、講評をいただきました。

今週は平和を祈る週にもなっており、安田さんには、特別礼拝で生徒に向けてお話もしていただきました。その後の講師を囲む会でも沢山の生徒が集まり、大変有意義な時間を過ごすことができました。この度は大変お世話になりました。

安田さんのFacebookにはさっそくこの度の感想を書いていただいております。

https://www.facebook.com/natsuki.yasuda.photo

 

2016 第1回 SGH研究発表会

6/25(土)は、今年度 第1回 SGH研究発表会でした。

お忙しい時期にもかかわらず、北は北海道、南は九州より、約50名の先生、関係者のみなさまがいらっしゃいました。

午前は、追手門学院大学 准教授 井出明 先生 による講演でした。

DSC_0224

テーマは「ダークツーリズム」。

「人類の悲しみをめぐる旅」が、記憶を継承し、よりよい社会や生き方の構築に向け、どのような意味を持つかについて、非常に興味深いお話でした。

DSC_0242

午後は、生徒による発表。

昨年度実施した海外研修、Global Issues クラスの取り組み、課外活動です。

DSC_0281

お越しくださいました先生方、関係のみなさま、本当にありがとうございました。

また、発表に向け、寝る間も惜しんで準備をしてきた生徒の皆さん、ご苦労様でした。

次回は、来年の2月です!

卒業生と在校生の記事

今朝の朝日新聞で、本校生徒が紹介されました。先日、オバマ大統領が平和公園を訪問した際、献花用の花輪を渡した高3生の並川さんとオバマ大統領に「広島の印象や平和に対する思いを私たちとシェアしてください!」と訴える動画を制作した高1生3名が取り上げられました。

オバマ来広 朝日新聞 2016年6月10日記事

また、先日は本校の卒業生で被爆者のサーロー節子さんの記事(毎日新聞)も掲載されました。オバマ大統領の広島訪問を受け、大統領の副補佐官でスピーチライターのローズ氏と面会したときの内容です。被爆者としての思いを述べていらっしゃいます。

 

 

 

 

SGH研究発表大会

本日は本校のアクティブラーニングとグローバル人材育成についてのSGH研究発表会が実施されました。

午前中は、荒瀬克己先生をお招きしての貴重な講演を頂きました。

 CIMG0676

また、午後からは各教科の研究授業が行われました。

写真は理科の研究授業の様子です。様々な動物のカードを使ってのアクティブラーニング型授業です。

 CIMG0711 CIMG0695

また、高校生による生徒発表も行われました。これまでPSや、課外活動を通して真剣に取り組んできたことについての、熱意あふれる素晴らしい発表でした。

CIMG0741

CIMG0743

 

出口汪先生 「論理力育成講座」 はじまりました!

昨日、IGS学院長で、本校のグローバル教育アドバイザーの 福原正大 先生と 現代文のカリスマ、そして「論理エンジン」の執筆者、出口汪 先生をお迎えし、SGH運営協議会が行われました。

今日は、出口汪 先生のご厚意で、高3生対象の「論理力育成講座」が開かれています。

難関大学を目指す受験生たちが、参加しています!

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今今、はじまりました。

「生」出口先生と会い、高3生は緊張気味ですね。

「論理的思考力」は、グローバル社会で生きるための根底となる力。

どんな授業が展開されるのか、楽しみです!

高3生のPS(Peace Studies) 最終回

高3生のPS(Peace Studies)は、今日が最終回でした。

1学期に完成させた卒業論文の審査結果発表と表彰式です。

広島市立大学の教授で、広島平和研究所 副所長の 水本和実 先生に審査をお願いしていました。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

200人を超える論文を細部まで読み、明確な採点基準に基づいて、審査していただきました。本当にありがとうございました。

最優秀賞1名、優秀賞2名を表彰。(受賞者の論文は、のちほど、HPにも掲載したいと考えています。)

今回の卒業論文については、英語でSummaryを書いています。その優秀作品4名の表彰も行いました。

広島女学院中高の6年間を通じて、さまざまな角度から物事を見つめ、平和構築の在り方を考えてきました。

その経験は、自らの生き方の礎になっているはずです。

大学入試センター試験 まで1カ月。高3生は、受験に向け、走りつづけます!