Menu
EN

広島女学院中学高等学校

英語教育

英語教育

生涯使える
英語力を身につける

一人ひとりの語学力の成長を見守りながら丁寧に指導。
さまざまな角度から英語に触れられる多くの機会を設け、「聴く」「読む」「書く」「伝える」「やりとりする」の5技能をバランス良く高めます。

中高6年間の
英語教育の流れ

中高6年間を大きく3つの期間に区分し、各期間ごとに目指す英語能力を設定。
目標レベルを達成するために、習熟度別授業や個別指導も実施しています。

  • 中1→中2

    入門・基礎力養成期

    • ・約20人の少人数制授業
    • ・教員による細かなノートチェック
    • ・放課後勉強会 など
  • 中3→高1

    英語運用能力養成期

    • ・スピーチ、プレゼンテーション
    • ・エンパワーメントプログラム、
      海外研修
    • ・ハイレベルセミナー など
  • 高2→高3

    応用力養成期

    • ・進路に応じた習熟度別クラス
    • ・英検、TOEFL等外部試験対策
    • ・難関大対策講座 など

英語教育の特徴

  • 豊富なインプット・アウトプット

    授業

    教教科書以外にも「読む」課題を課し、幅広いジャンルの洋書を生徒が自由に読める環境を整えています。

    自宅学習

    eラーニングを取り入れ、語彙(い)力の強化とともにタイピングの上達も図ります。

    自宅学習

    eラーニングを取り入れ、語彙力の強化とともにタイピングの上達も図ります。

    コンテスト

    中1から高2まで毎年校内コンテストを開催。中学のオラトリカルコンテストでは各クラスから選ばれた代表生徒が全校生徒の前で暗唱やスピーチをします。高校ではスピーチ・プレゼンテーションコンテストや英語エッセイライティングコンテストなどに挑戦します。

    環境

    海外研修制度が充実しているのも本校の特徴ですが、日常的に海外から多くの来客があるため、学校を案内することや意見交換を通して校内にいながら英語力を磨ける機会に恵まれています。

  • アナログとデジタルの両立

    ネイティブスピーカーから生きた英語を学ぶアナログ学習に加え、主にインターネットを活用して英語の基礎的な表現力を育成するデジタル学習「eラーニング」を並行。英語のタイピングも練習します。アナログとデジタル双方の良さをバランス良く取り入れた指導で英語力を伸ばします。

  • 英語でヒロシマを学び、発信

    中3では本校卒業生の絵本作家・森本順子さん制作「My Hiroshima」(森本さんの被爆体験をもとにした絵本)を読みます。高1・3年では本校英語科が1976(昭和51)年に英訳出版した「Summer Cloud」(原文:広島女学院原爆被災誌「夏雲」)を読み、英語でヒロシマを学びます。また海外からの来客者に平和公園の慰霊碑を英語で案内するボランティア活動「碑めぐり案内」に取り組む生徒もいます。

本校での英語検定の成績
英検準2級以上の取得者数