Menu
EN

広島女学院中学高等学校

進路への取り組み

夢を叶える道筋を見つけ
希望の進路に一歩踏み出す

中高一貫教育の強みを生かし、6年間という期間を有意義に使って基礎学力の習得をはじめ自ら進路を切り開く力を身につけられるよう指導します。
毎年数多くの卒業生が希望大学への進学を叶え、夢に向かって旅立ちます。

中高6年間の
サポート体制

中学1~3年

学習習慣の定着と先取り学習

中1・2年ではまず学習習慣や勉強する姿勢を身につけるよう重点的に指導します。
中3年からは中高一貫教育の強みを生かして、高校教材を用いた先取り学習を始めます。

主な取り組み
中学1・2年 教師によるノートチェック
放課後の学習指導
フォローアップの勉強会
テスト週間の学習計画表作成
長期休みの補充授業
中学3年 英・数ハイレベルセミナー
高校教材を用いた先取り学習

高校1・2年

具体的目標を設定

大学教授を招いての模擬講義の受講、オープンキャンパスへの参加、本校卒業生による進路講演会の聴講などを通じて、具体的な進路目標を見つけるよう導きます。この時期から大学受験対策として専門授業がスタートします。

主な取り組み
高校1・2年 進路講演会
大学の出前講義
勉強合宿
放課後ハイレベルセミナー
各大学のオープンキャンパス参加
東大見学ツアー

高校3年

志望校に応じた細やかな指導

生徒一人ひとりの進路について考える進路検討会をはじめ、学習面においては習熟度別授業、難関大対策講座、二次試験対策個別指導など、各生徒が目指す進路の実現に向けて細やかに対応します。

主な取り組み
高校3年 習熟度別授業
難関大対策講座
進路検討会
センター対策補習
ニ次試験対策個別指導

先輩の声

2020年度卒業

内田 明寿美さん

京都大学 薬学部薬学科 進学

日本学生科学賞
広島県科学賞 受賞

挑戦をサポートしてくれる先生方に感謝
自分のしたいことを全力で追求できる学校

私は高校時代、広島大学主催のGSC(グローバルサイエンスキャンパス)広島に参加し、柑橘類摂取時の発汗に関する研究に取り組みました。うまくいかないこともありましたが、理科の授業やLHRで培う課題解決力は大きな武器となり、研究内容を大学につなげていく形で、特色入試を受験しました。先生方には模擬面接を何度も指導していただき、練習を重ねるうちに自分の意見を整理することができました。自分の強い思いを相手に伝えるための助言も、たくさんいただきました。広島女学院の先生方は私たちの挑戦を、いつも全力でサポートしてくださいます。

2020年度卒業

林 志帆さん

大阪大学 外国語学部 モンゴル語専攻 進学

闘っているうちは負けていない
最後まで諦めずに

広島女学院での英語との出会いは、私に言語を学ぶことの楽しさを教えてくれて、大学でも、言語について深く学びたいと思うきっかけとなりました。しかし私の受験は挫折の繰り返しで、初めての共通テストでは思うように点数が取れませんでした。それでも先生方は最後まで親身になってサポートしてくださり、学校の2次試験対策のおかげで格段に点数も伸びて、逆転合格を果たすことができました。培ってきた努力は必ず自分の自信につながるはずです。皆さんも最後まで諦めず、目標に向かって悔いのないように頑張ってください。