マウントユニオン大学短期研修⑥ Day 6 ~プレゼンテーション、ディスカッション、そしてなぜか工作まで!

2018年03月28日(水)

マウントユニオン大学短期研修⑥ Day 6 ~プレゼンテーション、ディスカッション、そしてなぜか工作まで!

Today was a full, productive day joining university classes, a preschool class, and winding down with a creative craft session. 

今日は大学の授業や、プレスクール(幼稚園)に参加し、工作のクラスでちょっと息抜きをしたりと、とても充実した一日でした。

 Our day started with a class on American Culture with Dr. Oyabu-Mathis. With her unique perspective as both a Jogakuin and Mount Union graduate and long-term resident of the U.S., Dr. Oyabu-Mathis helped the Jogakuin students understand the basic values of American culture in contrast to Japanese culture. 

まず、大藪教授のアメリカ文化の授業でスタートしました。女学院とマウントユニオン大学の卒業生であり、またアメリカ在住歴の長い大藪教授の独自の見解とともに、アメリカ文化の基本的価値観について、日本文化と比較しながら分かりやすく教えてくださいました。

新しい画像

  Next, our students joined Dr. Johnson’s Peacebuilding & Social Justice class, where they gave their presentation on Hiroshima’s history, Jogakuin, and Hiroshima now. Their presentation was delivered well and the students received positive feedback, deftly fielding questions from the Mount Union students afterward. 

次は、ジョンソン教授の「平和構築と社会正義」の授業に参加しました。生徒は、広島の歴史、女学院、そして現在の広島についてのプレゼンテーションを行いました。プレゼンはうまくいったようで、とてもよいフィードバックをいただきました。またマウントユニオン大学の学生からの質疑応答も上手にこなしていました。

Students from Dr. Johnson’s class and members of the Japanese club joined the Jogakuin students for lunch. It was a great opportunity for our students to engage in natural conversation and ask questions to be better prepared for tomorrow’s second class on American culture with Dr. Oyabu-Mathis. 

授業後、ジョンソン教授のクラスの生徒と日本クラブ(日本についてあれこれ学ぶサークル活動)の生徒と一緒にランチを取りました。授業ではなく食事をしながらの会話は、とにかくなんでも質問する姿勢が培われ、明日大藪先生の第2回目の授業に臨むにあたり、いい機会となりました。 

For the day’s third class, the Jogakuin students joined Dr. Tanya Maus’s class at Wilmington College via video conference. Dr. Maus’s class answered questions prepared by the Jogakuin students yesterday. Both groups of students were able to share their learned narratives on the bombings of Hiroshima and Nagasaki and how to create a more peaceful world. 

今日の3つめの授業はウィルミントン大学のターニャ・マウス先生(前回のブログにて紹介)の学生さんたちとビデオ会議形式の授業でした。昨日、女学院生は学生さんたちに質問を伝えていたのですが、それに対して答えて頂きました。女学院生も大学生も広島と長崎の被爆証言から学ぶだけでなく、より平和な世界を築くにはどうすればいいのかをともに考えました。

 新しい画像 (1)

 After the class with the students from Wilmington, the Jogakuin students went to Union Avenue preschool, where the Jogakuin students introduced a Japanese song, taught the students how to count to 10 in Japanese, and made origami and played with the children. After an intense morning of study, the time with the preschoolers was a fantastic transition to the creativity of the day’s last scheduled activity of painting at HotPots pottery. 

授業のあとは近所の幼稚園へ!生徒たちは日本の歌を紹介したり、1から10までの数え方を日本語で教えたり、折り紙で一緒に遊ぶなどして過ごしました。午前中がハードな授業ばかりでしたので、子どもたちとの時間はとてもいい気分転換となるだけでなっただけではありません。幼稚園を後に待ち受ける、HotPotsというお店で陶器に絵付けをするという今日最後のアクティビティーに向けて、頭をやわらかくし、創造モードにするのにも良い時間となりました。

 新しい画像 (2)

 All in all, the Jogakuin students met the day’s challenges with poise and did an amazing job representing both their school and their city of Hiroshima. 

 女学院生には日々、様々な課題が課されますが、いずれにおいても広島女学院だけでなく、広島市を代表して来ているというプライドを胸に、落ち着いて取り組み、成果をあげています。