特設クラス

中1生から
高い英語力の獲得を目指して

英検準2級以上を持つ生徒対象「特設クラス」

入学時に英検準2級以上を取得している生徒が、英語の知識や英語でのコミュニケーション能力をさらに高めることができるよう、特設クラスを開設しました。2015年度は準2級2名、2級6名の計8名が参加し、海外の大学への進学を目指している生徒もいます。海外から来客があった際にも、率先して応対する機会を設けています。

通常クラス
  • 英語/週5時間
  • 日本人教師による検定教科書を用いた授業。
  • 英会話/週1時間
  • ネイティブスピーカーによる会話用の教科書を用いた授業。

特設クラス

2015年度より改訂

  • 英語/週3時間
    (日本人教師)
  • 2時間(長文を題材にした、英問英答の授業。
    ディスカッションも取り入れる。)
    1時間(TOEFL対策として e-learningを導入し、通常授業で学ぶ単語やフレーズも学習する。)
  • 英会話/週3時間
  • ネイティブスピーカーによる会話やプレゼン、文法などの授業。

point

授業中は教師も生徒も英語しか使わないので、コミュニケーション手段としての英語がしっかりと身につきます。またTOEFL Juniorを年に2回受験することで、英語力の伸びを客観的に把握することができます。

【GI生徒の声(中学時代の取り組み)】

GI一期生|久保田 結衣(高3)

ハワイ研修に行った時には、オバマ米国前大統領の母校・プナホウスクールを訪問し、現地の生徒と一緒に平和関連のボランティア活動をしました。その中で、日本とアメリカでは世界史の教科書や平和学習の内容が異なることに興味を持ち、独自にリサーチをしました。様々な違いはありますが、世界を平和へと導く第一歩は、いかなる時も「過去と向き合い、学ぶこと」だと気づきました。私たちの活動の一つひとつは小さくても、過去・現在・未来の点を線でつなげるうえで、重要であると体得できた研修でした。

GI一期生|熱田 希弘(高2)

GIの活動では、世界各国の人々と対話する機会があります。言語はもちろん、文化や習慣、宗教といったベースが根本的に違い、物事の捉え方や思考の仕方も異なります。その違いを乗り越え、合意を形成していくのは難しいことですが、粘り強く交渉を続ければ、必ず良い関係を構築していけると確信できたことは、本当に意義深い経験でした。GIの活動を通じて英語力、リーダーシップ力も身につきました。自分から積極的に行動することを心がけた結果、日常の行動にも変化が生まれ、自分自身でも成長を実感しています。