広島通リズム③~宇品から呉へ

広島通リズム③~宇品から呉へ

カテゴリー:SGHブログ 更新日:2017年04月02日 18時05分

二日目は主に呉地域を案内しました。

広島駅を発して広島港に着いた後、まずはフェリー上で宇品と似島の歴史について、そして日清戦争後に広島湾各地につくられた砲台を説明しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

原爆に関するスポットは広島市中心部だけではありません。また宇品は日清戦争とも、広島湾は日露戦争とも関係がとても深いです。広島に多くある戦争と平和関連のスポットを、今日のゲストの方々にも説明しました。

今日のゲストはフィリピン、ラオス、ケニア、日本、メキシコ、ミャンマー、中国出身の皆さんです。大学院での研究の内容や、お互いの日常生活など、様々な話題で盛り上がりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェリーから降りて、海上自衛隊呉地方総監部、旧海軍工廠、そして当時の軍港の様子を中心に説明しました。空襲や海軍の歴史については広島地域では実感できませんが、呉ではそれを物語るスポットが多くあります。目の前の光景(造船の様子や艦艇などなど)や調査した内容を、工夫を凝らてゲストに説明していきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲストの方に大変興味深く、説明を聞いていただけましたが、お昼ご飯を食べていると雨が!!しかしみんなのパワーのおかげでしょう。ほどなくして止みました!次は音戸の瀬戸と高烏砲台です。