Menu
EN

広島女学院中学高等学校

数・理・国・社

数学

基礎力の定着を図り
習熟度や希望の進路に合わせた
授業を展開

中1・2では教科書を中心に授業を進め、基礎力を養成。さらに副教材で発展的な問題に挑戦しながら、ノート提出や小テストで学習定着度を確認します。中3から高校数学の先取り学習が始まり、発展的な学習内容にスムーズに対応できるよう、解く過程(考え方)もしっかり理解した上で答案が書けるよう指導します。

ICTを活用

立体図形や関数グラフといった、視覚で捉えることによって理解が深まる単元には必要に応じてタブレット端末を用います。生徒自らタブレットを活用することで想像力や応用力の向上を図り、学習意欲を高めます。タブレットで理解を深めたら、今度は自分の力で図形やグラフをノートに描けるように練習します。

▼POINT
  • 中学では放課後にフォローアップ授業を実施
  • 高1は習熟度、高2から文理別、習熟度別、進路希望に合わせた授業を実施

理科

見て、触れて、確かめて
理科が好きになる
体験型の授業を展開

中学では大部分の授業で実験を取り入れており、自分自身が目で見て、触れて、確かめることで、教科書や映像だけでは捉えることができない物事の本質を体験します。実験や観察を取り入れた体験型授業を通して理科への興味・関心を抱き、さらに発展的な学習に進みたいという目標を見つけて科学の甲子園などの外部プログラムへの参加を希望する生徒も大勢います。

実験
中1
気体(水素、酸素、二酸化炭素、アンモニア)の発生、火山の噴火モデル作り、校内植物ツアー、ガスバーナー検定など
中2
炭酸水素ナトリウムの熱分解、水の電気分解、頬の細胞の観察、スルメイカの解剖など
中3
等加速度直線運動の測定、水溶液の電気分解、電池のしくみ、炎色反応、DNAの抽出、酵素の実験など
課題研究
中1
ミョウバンコンテスト
夏休みの間に、自分でミョウバンを購入し、一から結晶づくりを行います。温度がゆっくり下がるように、実験装置を工夫すると、大きくてきれいな正八面体の結晶ができます。工夫点をレポートにまとめて、課題研究のやり方を学びます。
中3
自由研究
1学期に授業やExtensive Programの時間を活用して自ら疑問に感じることをもとに課題を設定します。夏休みの間に研究を行い、レポートを作成し、2学期には文化祭に出展したり科学賞へ応募したりします。3学期には中学の課題研究の集大成としてポスター発表を行い、高校へ向けて自ら学び、探究する姿勢を養います。
広島女学院大学の教員による出張授業

高2生物

毎年、広島女学院大学の教授を招いて生物の出張授業を実施しています。2018年度には「DNA分析」をテーマに実験をしました。実際の大学の分析実験を高校で体験でき、多くの生徒が刺激を受けました。

科学の外部プログラム等への参加
参加内容 学年 人数
広島大学グローバルサイエンスキャンパス事業 高1 ※2名
化学グランプリ 高1
高2
3名
生物学オリンピック 高1
高2
高3
3名
科学の甲子園ジュニア 中2 12名
科学の甲子園(団体5位) 高1
高2
6名

※内1名はジャンプステージ進出し、今年度、広島大学の教員の下で研究を行います。

▼POINT
  • 中学では、実験のレポート作成や発表など、課題研究を重視したカリキュラムを実施
  • 物理、化学、生物、地学の4つの実験室と充実した設備

国語

思考と全ての学びの原点
「国語力」「論理的言語運用能力」を
身につける

誰かと会話や文面でコミュニケーションを図る際にも、一人で考える際にも、人は「言葉」を必要とします。思考の原点は言葉であり、全ての学びを支えるのが国語力です。本校では「筋道を立てて考え表現する力」「他者の考えを正確に読み取る力」に通じる論理的言語運用能力が重要だと考え、漢字力や語彙(ごい)力はもちろん論理的思考力や対話力(コミュニケーション力)の養成を目指しています。

国語力育成プログラム

アクティブ・ラーニングの手法を取り入れた「国語力育成プログラム」を広島大学と共同で行っています。生徒自らが主体的に読み、表現する力を養います。

論理エンジン

論理的言語運用能力を養うため、専用教材「論理エンジン」を導入。品詞の使い方や文章の組み立て方、読解力、文章表現など「論理」を重点的に指導します。

▼POINT
  • 中学卒業までに漢字検定2級取得を目指し語彙力を増やす
  • 小論文に力を入れ、論理的思考を文字で表現できるようになる
  • ICTを活用した授業で楽しみながら学習する

社会

「アクティブ・ラーニング」で
能動的に学習
自ら考え、自ら行動を起こす力を養う

社会科に関する基礎知識を習得するだけにとどまらず「思考力」を養成することを目的として、受け身ではなく生徒の能動的な学習を促す「アクティブ・ラーニング」を導入しています。自分の力で資料を読み解き、事象の原因や背景を考察した上で、グループワークなどを通じてクラスメートや教員と意見を交換し合います。多様な考え方を知ることで多角的な視点を養い、考える力を高めます。

模擬国連授業の様子

論理的に考えて発信

中1の地理では「模擬国連授業」、中3の公民では「模擬裁判」や「ディベート」などを取り入れ、相手と異なる意見を調整しながらまとめる技術を学びます。ほかにも年間通して新聞記事をスクラップし、情報をまとめる力を養うとともに社会への興味・関心を深めます。

▼POINT
  • グループワークで主体的かつ協働的に学び、知見を広める
  • 資料や統計の読み取りなどを通して、大学入試改革に対応