Menu
EN

広島女学院中学高等学校

キリスト教主義教育

キリスト教主義教育

広島女学院における教育の土台

礼拝、キリスト教行事、聖書の授業を通して豊かな心を育て、他者のために行動できる生き方を学びます。

〈学院聖句〉我らは神と共に働く者なり

Work together with God(コリントの信徒への手紙一3章9節)

  • かけがえのない
    自分の存在に気づく

    神様から命を授かりこの世に生を受けたかけがえのない自分という存在。自らを認め、自分に与えられた賜物(能力)を伸ばし、自分らしく輝きましょう。

  • 他者(隣人)と
    共に生きる

    自分を愛するように隣人を愛しなさい。喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。自分以外の人もまたかけがえのない存在。他者を認め、尊重し、助け合って生きましょう。

  • 神と共に働く
    (平和な世界の実現に貢献する)

    何のために学び、何のために生きるのかを自問し、平和で幸せな世界を実現するために、自分にしかできない使命を見つけて生きましょう。

「隣人愛」の教えを通じて

初代校長のゲーンス先生は「自分を愛するように隣人を愛しなさい」というキリスト教の教えに基づき、豊かな人間性を備え周囲や社会に貢献できる女性を育てるために情熱を注ぎ、生涯にわたって学院の発展に尽力しました。この精神は広島女学院の理想として1世紀が過ぎた今も時代を越えて受け継がれ、生徒たちの成長を通じて表現されています。

ゲーンス先生
ゲーンス先生

キリスト教の学び

毎朝の礼拝

聖書の御言葉に心を傾け
静かに自分を顧みる時間を重ね
豊かな人格を育みます。

キリスト教行事

真の平和について考え
多様な講師の先生との出会いや
奉仕活動などを通して視野を広げます。

聖書の授業

永遠のベストセラー『聖書』を通じ
自己を見つめ、隣人愛を学び
世界に通用する価値観を育みます。