Menu
EN

広島女学院中学高等学校

校長ご挨拶

ご挨拶

1886年に牧師・砂本貞吉が創立し、アメリカ人宣教師・N.B.ゲーンスが基礎を築いた女学校が本校の始まりです。それから133年の間、世の中は大きく変化しました。しかしどんな時にも揺らぐことのなかった「キリスト教に基づいた女子教育」は、自分が愛されるように隣人を愛すことが真の尊さにつながることを体現してきました。将来の不透明な今だからこそ、ぶれない軸を持つ広島女学院の学びが意味を持つのです。本校のことをたくさん知っていただきたいと思います。

校長渡辺 信一

校長 渡辺信一

校長渡辺 信一