放送礼拝より

放送礼拝より

カテゴリー:今日の女学院, 学校生活, 礼拝より 更新日:2017年10月20日 10時18分

info_logo

広島女学院では毎朝必ず礼拝を行います。

礼拝の形式はホールやチャペルで行うものや、放送によるものなど様々です。

今回は、今週の放送礼拝の原稿を紹介します。

 

——————————————————-

 

おはようございます。

今日の担当は、国語科の岸本です。

 何をお話しようかなあと、数日前から考えていました。

今日は、本にまつわるお話をしようと思います。

わたしは子どもの頃から本が大好きでした。

 子どものころを思い出すと、いつも浮かんでくる、ある情景があります。

 わたしは小学生で、お天気がいい週末で、

朝、二階のベランダで、お布団をほして

 午後になって、お布団を取り込んで、

ふかふかになったおふとんは太陽のにおいでいっぱいで

 それがわたしはとてもうれしくて

お布団にダイブして、太陽のにおいにうもれながら本を読んで、

 しばらくしたら眠くなったりして

きがつくと、部屋には夕陽がさしこんでいる。

今でも、本を読んでいた、あのときの、おふとんのふかふかと、太陽のあたたかさと、その香りを思い出します。

本を読み返したり、以前読んだことがある文章にふと出会ったとき、

「ああ、これを読んだとき、わたしは新幹線に乗っていたなあ、あのときは夜だった」とか、

そのとき読んでいた本の、紙の質感や、空気のにおいや、周囲の情景まで、はっきりと浮かんできて、びっくりするときがあります。

 本は、とても大切なんだなあと、思うのです。

 私たちは、毎朝、聖書や賛美歌で、いつも、本としてそれを手にもち、開き、

読み、歌いますね。

いま、読み、歌い、知る言葉は、きっとあなたやわたしが、いま手に持っているこの本の、厚みやてざわりと、いま感じている光や、香りや、音楽や、いまそばにいる友人たちとともに、本の言葉が息づいて、あなたや、わたしをつくっていくのだと、おもいます。

本をよみましょうね。試験が終わったらね。

お祈りをします。

「神様、今日も新しい一日をありがとうございます。今日から全ての学年で中間テストが始まります。みなが、つつがなくこの一日を過ごせますように、どうぞお守りください。

また体や心に悩み、不安を抱えた彼らを、いつくしみ、お導きくださいますように。

イエス・キリストの御名を通して神にこの祈りを捧げます。アーメン。