Bo先生’s Last Day

2019年03月15日(金)

Bo先生’s Last Day

Today was the last day for Bo 先生 (Professor Robert Jacobs). Bo is a full-time professor at Hiroshima City University teaching about the history of nuclear weapons. He has written many books and is often on television and the radio talking about nuclear issues. Even though he is a world expert, every 6th and 7th period on Tuesday for four years Hiroshima Jogakuin was very lucky to have Bo先生 teach the Global Issues class. Studying about nuclear weapons is very difficult in any language, but doing it in a second language is even more difficult. However, Bo先生 made the class easy to understand and interesting. Today, Bo先生 said he likes to tell his colleagues how good the Jogakuin students are, that the Jogakuin students ask interesting questions and can understand difficult material. He has great hopes for the all of these students. We at Jogakuin are very proud of having Bo先生 as a teacher! Thank you, Bo! 本日がボー先生(ロバート・ジェイコブズ教授)の最後の授業でした。 ボー先生は広島市立大学の教授で、核兵器の歴史について教えておられます。また、核に関する問題について、よくラジオやテレでコメントされたり本を出版されています。 世界的な専門家ですが、ボー先生は過去4年間、毎週火曜日の6限目と7限目は女学院に来てGlobal Issuesの授業を教えてくださり、女学院の生徒たちにとってはとても幸運なことでした。核兵器について学ぶことはどんな言語でも難しいものです。しかし、ボー先生は授業を分かりやすく、また、面白くしてくださいました。 今日、ボー先生は、女学院の生徒がどんなに素晴らしいか、また、生徒が興味深い質問をしたり、難しい内容も理解していることを同僚と話すのが楽しいと教えてくださいました。先生は、今まで教えてきた生徒たちに大いに期待をしているとも言ってくださいました。女学院は、ボー先生に教えていただくことができ、本当に光栄でした。 ボー先生、本当にありがとうございました。