ミャンマー研修④AAR Japanヤンゴン事務所・ミャンマースズキCEO山崎和人さんとのランチミーティング

2019年01月26日(土)

ミャンマー研修④AAR Japanヤンゴン事務所・ミャンマースズキCEO山崎和人さんとのランチミーティング

ミャンマー研修も四日目(1月25日)となりました。

ホームステイ先から登校したあと、International School of Myanmar の回りを散策しました。

sdr

dav

dav

 

雑貨屋や肉屋、魚屋、卵屋、衣料品店、食べ物屋などが集まるマーケットを中心に歩きました。普段、生徒の皆が買いものするお店の光景とは違っていましたが、何を感じたか気になります。

一昨日交流した小学一年生に別れの挨拶をしたあと、AAR Japanヤンゴン事務所を訪問しました。

sdr

 

AAR Japanヤンゴン事務所では地雷や病気、交通事故などで手足に障害を持つ若者に対して、理美容・洋裁・パソコンでの就労支援を行っているNGOです。

日本人スタッフの中川さんに説明をして頂き、特に洋裁コースでは足踏み式ミシンにチャレンジしました。

sdr

dav

 

また洋裁コースの卒業生と交流しました。広島はどのように復興したのか?、障害者に対する日本の政策は?など鋭い質問が相次ぎましたが、頑張って応えました。

 

そして、山崎さんとごはんを食べながらミャンマーの労働観やミャンマー情勢などをお聞きしました。

sdr

 

山崎さんはホテル開発やアパレル、そして自動車などの分野の経営者として30年近くミャンマーでご活躍されています。実体験を交え、価値観の違う人々とどのようにともに働くかを教えて頂きました。日本や自分自身を相対化する機会となりました。

AAR Japan ヤンゴン事務所、山崎さん、ありがとうございました。