マウントユニオン大学短期研修③ Day 3 in Chicago 

2018年03月26日(月)

マウントユニオン大学短期研修③ Day 3 in Chicago 

今日は本校教員のオサラバン先生(シカゴ出身)の弟さんとその息子さんたちに市内を案内してもらいました。

chicago 6

シカゴ名物のホットドッグ!(アメリカのほかのところではケチャップをかけますが、シカゴのホットドッグにはケチャップをかけません)ところで、このホットドッグのお店のある地域は移民の二世が多く住んでいるようです。第二次世界大戦の最中、その二世の人々の多くが強制収容所に移されましたが、戦後、この地域に住むようになったとのこと。

ホットドッグ屋さんの店主のおじさんがお店を訪れた日本人観光客との思い出を語ってくださいました。それだけでなく、最後には生徒たちにアイスクリームをごちそうしてくださいました!

chicago 7

 Wrigley Fieldはプロ野球チーム・シカゴカブズ(あのダルビッシュ選手がいるところです!)の野球場です。あいにく来シーズンに向けて工事中でしたが、シカゴ市民に愛されている野球場を見ることができたのはいい経験でした。

chicago 8

オサラバン先生の弟さん、そしてその息子さんたちと最後に記念の一枚!

chicago 9

今日は寒くて風の強い日です。市内ツアーを終えたあとは、引率のスミス先生のお部屋に集合し、みんなで大学のバスケットボールの試合を見ました。喩えて言うと、日本の甲子園のようなものだそうです。夕食はテイクアウトしたビーフサンドイッチとチョコレートケーキ。オサラバン先生が卒業したロヨラ大学をみんなで応援し、なんと33年ぶりに勝ちました!歓喜に湧く市民の様子もテレビを通じてみました。

スポーツは勝ち負けだけではなく、時に歴史を紐解いてくれたり、ときに地域での一体感を強くしてくれたりなど、様々な役割があります。テレビではありましたが、今日の試合観戦で、アメリカのそのような一面も垣間見ることができました。