ヒロシマアーカイブ 証言収録

2017年09月12日(火)

ヒロシマアーカイブ 証言収録

本日、ヒロシマアーカイブの証言収録を行いました。

今回証言をしてくださるのは 川本知 さん(84歳)です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川本さんは、昨年度、署名実行委員会のアーカイブ制作に携わった卒業生 大坪さんの祖父に当たります。

孫のために、そして、孫の後輩たちのために、今日は広島女学院にお越しくださいました。

 

熱線のために全身やけどを負った妹(当時5歳7か月)と弟(3歳11か月)が亡くなっていく様子を手記にも残されています。

話をお伺いする私たちも涙が止まりません。

 

被爆者の方々の証言を少しでも多く後世に残していく。

その意義を改めて感じました。

 

長時間の収録に快く応じてくださった 川本知 さん、そして大坪さん、本当にありがとうございました。

今年度中のヒロシマアーカイブへのアップロードを目指し、明日から動画編集作業に入ります!