Global Issues

高1生 から
Global Issues(GI)

高校1年生から受けられる新科目、「Global Issues」の設置。

リーダーとしての
思考力と発信力を磨く

2015年度より、高1からの選択科目「Global Issues」(GI)が始まりました。核兵器、国際紛争、平和構築などをテーマにオールイングリッシュの授業などで学び、グローバルリーダーに欠かせない力を培っていきます。

【主な学習活動】(2017年度)
高1 ・ネイティブの大学教授による「平和学」「核軍縮」の授業(英語)
・生徒によるリサーチ、ディスカッション、アクティビティ、課題制作
・TOEFL・英検対策授業
・「平和学」に関するウェブサイト上のディベート参加
・福原正大先生(IGS学院長・一橋大学特任教授)など
外部講師による特別授業
高2
高3 ・生徒によるリサーチ、ディスカッション、アクティビティ、課題制作

学習内容

担当教員 内容
ネイティブの大学教員 「平和学」「核軍縮」をテーマに課題研究を行う。
発言の際には、生徒も英語を使用する。
グローバル教育推進部 生徒によるリサーチ、ディスカッション、
アクティビティ、課題制作を行う。
外部講師(大学教員など) TOEFLに熟達した外部講師によるTOEFL対策授業。
受講者にはTOEFL iBTの受験を課す。
IGS(海外進学をサポートし
グローバル人材の育成を行う
民間教育機関)
GI選択生徒がウェブサイト上で行う「平和学」に関するディベートにメンターとして参加し、助言・アドバイスを行う。
外部講師
(大学教員及び大学生など)
さまざまなテーマでグローバルリーダー育成のための特別授業を実施しています。IGS学院長で一橋大学特任教授の福原正大先生をはじめ、深い教養を培い、世界に自己発信する力の育成を目指します。この講座はGI選択生徒以外も受講できます。

国内外の研修

高1生
英語で平和学を学ぶ

山梨学院大学と連携し、GI選択者全員が研修に参加。大学教授や留学生とともに、英語で平和学を学びます。

高2生
海外でのフィールドワーク

2年間の学びの集大成として、海外の高校・大学・国際機関に生徒を派遣し、英語で課題研究を行います。(2016年度の実施に向けてプログラムを開発中)

山梨学院大学iCLA
“Global Issues Camp”

核軍縮に関する学びを英語で行う3日間のプログラムに高1生徒30名が参加。英語漬けの環境の中で、講義だけでなくアクティブラーニングで学ぶ時間もあり、海外の大学に留学したような経験ができました。山梨学院大学は核軍縮を多角的な視点からとらえる講座や講師陣が充実しています。生徒たちはこのプログラムを通して、英語で核軍縮を議論できるコミュニケーション能力や、社会課題の合意形成におけるリーダーシップ力を高めることができました。

詳しくはこちら

講師の紹介

福原 正大 先生
福原 正大先生
慶應義塾高校、慶應義塾大学経済学部卒業。INSEADにてMBA。グランゼコールHECにて国際金融修士(with Honors)。筑波大学大学院企業科学博士課程修了(経営学博士)。1992年に株式会社東京銀行入行後、2000年に世界最大の資産運用会社バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社に入社。最年少Managing Director、取締役を経て、未来のグローバルリーダー育成スクールIGSを設立。一橋大学院特任教授。
今西 一太 先生
今西 一太先生
広島県広島市出身。広島大学総合科学部卒業。東京大学大学院修士課程修了、博士課程満期退学(言語学専攻)。専門は言語学および外国語教育(英語・ドイツ語)。2012年、広島市でSchool Imanishi英語学院を立ち上げ、中高生から四技能のバランスの取れた英語力を身につけるための英語教育を行う。現在、School Imanishi英語学院講師、広島大学講師などを務める。TOEFL iBT 101点、TOEIC 940点、ドイツ語技能検定試験1級。研究者としての専門は記述言語学、アミ語(台湾原住民語)。
今西 一太 先生
ジェイコブズ・ロバート先生
米国ミネソタ大学ミネアポリス校卒業、学士号取得。米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校大学院博士課程修了、博士号取得(歴史学)。専門は歴史学(世界の核兵器・核戦争の歴史と文化、核のテクノポリティクス、世界の冷戦、ヒバクシャ研究、戦争・平和研究、軍事植民地主義、アメリカ例外主義)。核問題について幅広い視点から捉え、特に最近は核実験についてのフィールドワークに力を入れている。広島市立大学広島平和研究所准教授。

【GI生徒の声(中学時代の取り組み)】

神安 春乃

GIでは真面目なことも楽しんで取り組むことができるため、堅苦しくならず国際問題に自然と興味を持つようになりました。個性豊かなGIのメンバーの中に身を投じて様々な意見を聞くことで、さらに自分の視野を広げることができます。
私はGIの活動を通じて、考えを形にすることの難しさを感じています。
とにかく発言してみて、常に深く考える癖を付けていこうと思います。