Menu
EN

広島女学院中学高等学校

中高一貫教育

中高一貫校ならではの教育が
広島女学院にはあります。

「基礎学力を身につける学び」や「希望の進路へと導く学び」など、6年という期間を生かして生徒一人一人としっかり向き合い、細やかに指導します。

数学担当 古川由希子
中学校確かな基礎学力の上に
着々と、次のステップへ

学習習慣や自ら学ぶ姿勢を身につけるなど基礎学力の育成に力を入れています。学習でつまずいた時は補充授業などを通してきめ細かくフォローします。普段の授業に、主体的・対話的な活動を多く取り入れることにより、論理的思考力や問題解決能力、表現力といった新しい大学入試に対応できる力も養います。中学3年からは高校のカリキュラムを一部導入しています。

理科担当 山崎綾子
高等学校自ら進路を開けるよう
一人一人を徹底サポート

高1では、中学校で学んだ知識をベースにしながら学習に対して主体的取り組むことで、さらに学力を高めます。高2、3では理系・文系・私立文系などのコースに分かれ、自らの進路実現に向けた授業選択を行います。英語や数学の授業では習熟度に応じたクラス構成がなされ、希望の進路に合わせた学力を習得します。

学習指導と教育課程(2019年度)