SGHについて

SGHとは

SGHとは

2014年広島初・中四国九州私学初
SGH(スーパーグローバルハイスクール)指定校に

経済危機や紛争、環境汚染など、世界はあらゆる問題に直面しています。このような社会的課題に責任を持って取り組み、国際的に活躍できるグローバルリーダーを育てるためのプロジェクトが、「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」です。2014年度から文部科学省が開始し、グローバル人材の育成に取り組む高校および中高一貫校を、SGHとして指定しました(現在全国で112校※2015年4月現在)。各指定校では、国からの支援を受けて、それぞれに特色のある取り組みを進めています。SGH

広島女学院のSGHPeace Studies について

広島女学院のSGH

自発的に平和について考え、世界に発信、
行動できるしなやかな女性へ。

本校は、建学以来の取り組み実績から、広島初・中四国九州私学初のSGH指定校となりました。広島女学院の大きな特色である平和教育をグローバル教育の中心に置き、自発的に平和について考え、世界に発信し、行動する人材の育成を目指し、より質の高い教育を推進していきます。

STAGE.1 キリスト教主義教育土台

他者のために行動する「生き方」と向き合う。

他者のために行動する「生き方」と向き合う。

「信仰なき知識は、知恵ある悪魔をつくる」と、フランスの哲学者・ルソーが言ったように、知識や学問は、正しく用いる人格がなければ有害なものにさえなります。本校の土台であるキリスト教主義教育は、信仰の強制ではなく、礼拝やキリスト教行事、聖書の授業を通して、「他者のために祈り行動できる」人格を養い、「身につけた知識をどのように用いるのか」学びます。

あなたがたはそれぞれ賜物を授かっているのですから、
神の様々な恵みの良い管理者として、その賜物を生かして
互いに仕えなさい。

(ペトロの手紙Ⅰ 4章10節)

キリスト教主義教育

STAGE.2 教科教育とPeace Studies実 践

Peace Studiesを通して「平和観」「対話力」「リーダーシップ」を身につけ、生徒の人間力を段階的に成長させます。

世界につながる「平和観」

世界につながる「平和観」

世界が抱える平和への課題に目を向け、問題に直面している人や考えの違う人とともに平和を共創することを考える力を育みます。平和は、被爆国に住む人間が構築する責務があるということだけはありません。世界市民として国や言葉が異なっても、共に構築していくことの重要性を「碑めぐり案内」「核廃絶該当署名活動」「平和活動」などを通じて体感しながら身につけます。どんなに難しい問題でも、まずは何かを始めること、そして継続的に発信し続けることの大切さを学びます。

価値観の相違を乗り越えられる「対話力」

価値観の相違を乗り越えられる「対話力」

考え方の違う相手を認め、コミュニケーションを通じて相手の考えを理解し、認め合い、自分の考えを発信することができるグローバル・リーダーを育成します。高度な英語力を身につけ、自己発信力をはじめ、プレゼンテーション能力や議論する力も身につけます。また、広島女学院の考える「対話力」とは語学力だけを指すのではありません。チャレンジ精神や、外国の方との交流を通して相手を知り、話をすることで、相互に学び合いたいという想いを礎に、高いモチベーションを築きます。

合意を創り実践する「リーダーシップ」

合意を創り実践する「リーダーシップ」」

考えの違う人々と話し合い、互いに納得できる共通理解を生み出し、実行に移す行動力を身につけます。異なる文化への「恐れ」ではなく、「関心」を抱き、「理解」を深めることを根底に置いた学びで、世界の平和に貢献するという使命感を持ったグローバル・リーダーを育成します。また、リーダーシップとは、声の小さな者にも耳を傾けられる存在です。相手の思いに対して聞く姿勢を持ち、心を持って接することのできる人格を養います。

教科教育について Peace Studiesについて

STAGE.3 未来のグローバルリーダー実 現

卒業後は「核の惨禍のない世界を創り出すしなやかな女性」の実現へ向けて、それぞれの道へ大きく踏み出していきます。

未来のグローバルリーダー

新大学入試制度への対応 難関国公立大学への進学


【目指す人間像】

世界に平和を発信できる人材

国内外の社会課題を 発見・解決できる人材

自らの夢の実現に向けて 挑戦できる人材

グローバル社会で活躍できる人材

対話力を養うための英語学習英語教育について

広島女学院伝統の英語教育もさらに進化

少人数クラス

中1の入門期には、約20人の少人数制授業を展開。苦手をなくすための放課後勉強会や選抜制の講座など、習熟度に合わせた指導を行っています。

ICTを用いた教育

中1全員にTOEFL対策のe-learningを導入しており、自分のレベルやペースに合わせて、より多くの問題をこなせるようにしています。

中学生向けTOEFL講座

入学時に英検準2級以上を持つ生徒を対象にTOEFL講座を設置。主にスピーキング力を磨き、高校卒業時には英検1級やTOEFLiBT80点以上の力を養います。

GTECで高スコアを獲得

英検やGTEC、TOEFLなど受験し客観的に英語力を把握。2014年度GTECは、本校中3平均487.4点(全国平均407点)、本校高1平均518.7点(全国平均407点)。

中1・高1の全生徒にTOEFL対策用のe-learningソフトを導入